育毛剤の使い方|正しい使い方で育毛剤の効果を高めましょう!

育毛剤 使い方

育毛剤はただ使えば効果が出るものではありません。育毛剤には使用上の注意事項がありその上、より効果を出すためのコツがあります。このページでは正しい育毛剤のつけ方について簡単にそして分かりやすく説明しますので、育毛対策のご参考にしてください。

育毛剤の基本的な使い方

育毛剤の基本的な使い方は至ってシンプルです。
①頭をきれいに洗う。(頭皮をシャンプーできれいにする)
②頭をかわかす。(頭皮をドライヤーでかわかす)
③育毛剤をつける。(頭皮に育毛剤をつける)
非常にシンプルな3ステップですが、意外にこの3点がしっかりとできていない人が多く、この3点をしっかりできていない人が育毛剤の効果を実感できていません。
次のこの3点について詳しく説明します。

頭をきれいに洗う

育毛剤 使い方 洗う
育毛剤の効果を高めるためには、育毛剤の有効成分をしっかりと頭皮に浸透させることが大事です。頭皮にしっかりと浸透させるために、頭をきれいに洗って、余分な皮脂や汚れを取り除いて頭皮をきれいにしましょう。汚れをきちんと取るためにシャンプー使い、しっかりと洗いましょう。シャンプーについては市販のものでも構いませんが、より育毛剤の効果を高めたい方はその育毛剤と同シリーズのシャンプーを使用するとより効果が高まります。理由としては育毛シャンプー、スカルプシャンプーと呼ばれる製品は市販のものに比べ、コストは高いですが頭皮に優しく、汚れを落としやすい製品になっているからです。またシャンプーの際に大事な事は、強くこすらずに、もむように洗うことです。強くこすることで頭皮に傷をつける可能性がありますし、もみ洗いで皮脂や汚れをゆっくり落としてください。きれいに洗い終わったら、次はすすぎです。シャンプーのあとは目に見えない泡に皮脂や汚れが残っていることがあります。すすぎは洗いよりも時間をかけるくらい丁寧行ってください。最後にリンスやトリートメントですが、極力使用しない方がいいです。もし使用するにしても頭皮には絶対につけず、毛先だけにしてください。頭皮につけることで育毛剤の頭皮への浸透を妨げる可能性があります。

頭をかわかす

育毛剤 使い方 乾かす
頭皮がきれいになったら、次は頭皮を乾かしましょう。乾かす際のポイントは乾かしすぎない事です。頭皮を乾かしすぎると頭皮が乾燥してしまいます。乾燥は肌には良くありません。80%くらい乾かすのがベストです。逆にシャンプーのあとの自然乾燥も実は頭皮には良くありません。自然乾燥すると頭皮に雑菌が繁殖して、頭皮環境を悪化させてしますのです。
そのため頭を洗ったら、タオルドライで全体を乾かし、最後にドライヤーを使用して、80%くらい頭をかわかすことがおすすめです。

育毛剤をつける

育毛剤 使い方 つける
頭皮をきれいにして、頭皮が乾いたら、最後に育毛剤をつけましょう。育毛剤をつける際のポイントは、規定量を頭皮に直接つける。これだけです。
一般的な育毛剤のボトルはノズルタイプとスプレータイプの2種類ですが、どちらも基本はまったく同じで直接頭皮につけることが大事です。基本が非常に重要です。規定量についても同様で少しづつ使っても効果は出ません。取扱説明書通りに使うことが効果を実感する最短距離です。

おまけ

この3ステップが育毛剤の効果を高める基本的な使い方ですが、育毛剤をつけた後のもう1つのポイントとして頭皮マッサージがあります。育毛剤をつけたあとに薄毛や抜け毛が気になる部分をマッサージしましょう。頭皮が刺激されて髪の成長を促しますし、頭皮への浸透を助けます。少しの手間ですがこれをすることで、育毛の効果はより高くなります。

育毛剤の使い方のまとめ

育毛剤の効果を高めるための使い方は基本をしっかり行うことが大事です。頭皮をきれいにする。頭皮をしっかり乾かす。頭皮に育毛剤をつける。そして頭皮をしっかりマッサージする。これらのことをあなたが選んだ育毛剤の使用方法にあわせて実践すれは育毛剤の効果は高まります。しかしこのシンプルな行動を最低3か月継続することは非常に大変です。この行動をきちんと実践してあなたの薄毛対策に良い効果がでることを心よりお祈りします。

\\今すぐ育毛剤を使いたい方はチャップアップがおすすめ//
人気No1